1日1Instagramの効果〜SNSに縛られて行動したって全然OK

2016年1月1日から3月31日まで

大学を卒業するまでの3ヶ月間、

"1日ひとつInstagramに投稿する"

これを自分のルールにして過ごしました。

 

instagram.com

 

よく最近言われているのが、

"SNS上で周囲によく思われたいがために

 投稿を目的に行動するのは良くない。

 SNSに縛られて行動している。"

ということ。

 

でも僕は

実際に"1日1Instagram"を実践してみて

SNSありきの行動も全然OKだと思いました。

 

1.1日1日、何か行動を起こさなくちゃと思える

なんでもいいから投稿すればいい

そういうわけではありません。

大体の人がSNSに投稿するのは、

何か楽しいことがあった時

嬉しいことがあった時。

出かけたりイベントが参加したりした時。

そんなところに混じって投稿するには、

しょうもないことは投稿できません。

面白いところ素敵なところに実際に行ったり、

何気ないことでも意味を見出したり。

instagram.com

自分の手で日々をしっかりと充実させる力

それが必要になります。

行動力が自然と出てきます。

やばい、今日投稿することがない!

そういう日は外に出かけたり、

自分を見つめ直します。

Instagramに投稿する

その目的がなかった日は、

ただダラダラしているだけ

そんな1日になってしまっていたでしょう。

instagram.com

 

2.モチベーションの源泉になる

僕の将来の目標は、

自分の時間割で生きていくこと です。

大学ラストの3ヶ月はそれを実践しました。

インターン先で働いたり。(後の就職先)

instagram.com

家のカフェの手伝い。

旅行に出かけたり。

instagram.com

やったことないことにチャレンジしたり。

instagram.com

日々濃く動きチャレンジしていました。

社会人になった今これを見て、

この時間にいち早く戻らなくては

と自分に語りかけてくれます。

  

僕の場合は1日1日Instagramでしたが、

自分なりに新しく行動のルールを作り、

実践してみると、

1日の動きががらっと変わりますよ。

そのきっかけが何だかは、

やってみないとわかりません。

ぜひ、チャレンジしてみてください!