読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【仮説①】ブログの文量は、「長文ごめん、語りすぎちゃった(笑)」っていうLINEくらいでちょうどいい!

実際にブログを書いてみて思ったこと。
思ったよりちゃんと書かなくていい。
ってことでした。
 
今心がけていることは、
①自分が読みやすい文章を書くこと。
②伝えたいことはがっちり伝えること。
 
 
そもそも、
「自分が読むの大変だな」
と思う文章は他人が読んでも大変だと思います。
ましてや、
新参ブロガーが長ったらしく書いても読みづらさが増すだけ。
 
LINE・FacebookTwitterInstagram
スマホSNS真っ盛りの世代である私たち20代は、
長い文章が嫌いで、
テンポ良く面白い情報にありつきたい。
 
LINEで手紙並み、
もしくは社会人メール並みの文章が来たら、
イラッとくるし、
自分のタイムラインに流れてくる情報のうち、
面白い記事だけチャチャっとチェックし、
本当にいいなと思うものだけにいいねを押し、
それ以外は目に入ってきて欲しくない。
 
そんなワガママな世代。それも、無意識に。
 
式にすると、
「価値➗時間」を最大にしたい。
価値あるものに辿り着く時間を最小限にしたい。
辿り着いた情報が価値あるものだったとしても、
それにたどり着くまでに多くの時間を割くようなら、
その記事の価値は時間の分だけ薄れていく感覚さえ出てくる。
 
だから、
僕のブログの記事は言いたいことをささっと言って、
次の記事に飛んでもらえるようにします。
 
読者の皆さんの大事な時間を頂いて、
ブログにアクセスしていただいてるわけですから、
記事の価値を判断する時間くらいは、最小限に。
 
あとは伝えられることを増やしていければと。
そんなブログを目指してます。
 
ブログの中身は人それぞれ。
この「ルーキーブロガーの仮説」では、
日々進化していくブログに対しての
実験的アイデアをここに記しながら、
新たなブログ記事の作成に挑んでいきたいと思います。